• ホーム
  • 透明感のある美白ケアの基本を知る

透明感のある美白ケアの基本を知る

透明感のある美しい肌をキープするには、日頃のスキンケアが必要不可欠です。
メラニン色素が肌細胞に沈着すると、シミやくすみが現れます。
毎日のスキンケア時にメラニン色素の生成を抑制する、美白成分を配合した基礎化粧品を使うと、透明感のある肌をキープする事が可能です。
アルブチンやm-トラネキサム酸、ビタミンC誘導体などメラニン色素の生成を抑制する、美白成分を配合した基礎化粧品で毎日スキンケアを行えば、過剰なメラニン色素の生成が抑えられシミやくすみの予防に繋がります。

また、基本となる化粧水での潤いケアも美白には欠かせません。潤った肌は角質のキメが整います。
キメが乱れた角質は光を均一に反射できず、肌がワントーン暗く見えてしまうようです。結果、肌がくすんで見えてしまいます。
また、潤いが足りない肌はターンオーバーの機能が低下し、メラニン色素の排出がスムーズに行われなくなります。
このような状態になってしまうと、メラニン色素が肌細胞に沈着しやすくなりシミを作り出す要因にもなるため、化粧水でのケアも美白作りには必要です。

基本となる基礎化粧品でのスキンケアだけでなく、トレチノインを使って攻めの美白ケアを行うのも良いでしょう。
トレチノインは美容皮膚科など、美容系クリニックで美白治療として処方されている外用薬です。塗るだけでシミを解消する効果を発揮します。

トレチノインはビタミンA誘導体が配合されている外用薬です。
ビタミンA誘導体はビタミンAと比較すると、100倍から300倍もの作用があると言われています。
浸透力にもとても優れており、肌の1番奥にある基底層という部分にまで入り込みそこで作用します。
肌細胞をどんどん作り、ターンオーバーを活発にするのがトレチノインの効果です。

新しい肌細胞が作られるとメラニン色素が沈着した肌細胞は、どんどん皮膚の表面である表皮へと押し上げられていきます。
そして最終的には古い角質としてメラニン色素は剥がれ落ちる仕組みです。
スキンケアではシミ・くすみを予防する事しかできませんが、トレチノインでのケアはできてしまったシミやくすみも対処可能です。

1年中通して紫外線対策は必要

白く輝く肌をキープするには美白化粧品や、トレチノインなど医薬品などでのケアが有効です。
ただ、これらのケアを続けていても、シミやくすみを引き起こす要因を改善しなければ、あまり効果を実感出来ないでしょう。
シミ・くすみが出来る原因として、特に注意したいのは紫外線の存在です。

人の肌は紫外線を浴びると、そのダメージから肌細胞を守るためにメラニン色素が作られるようになっています。
紫外線対策をせずに美白化粧品などでケアしても、過剰にメラニン色素が作られてしまうので、思ったような美白効果を得られません。
ですので、美白ケアと同時に紫外線対策も行う事が必要です。

紫外線対策と聞くと紫外線量が多い夏場だけ行う方も少なくないようです。
確かに降り注ぐ紫外線の量が多く、肌への影響も大きい夏場はしっかり紫外線対策を行いたい季節です。
しかし、紫外線は夏場だけでなく1年中通して地上に降り注いでいます。
曇りや雨の日、冬場も夏場に比べると少ないですが、紫外線の影響を受けてしまうので本当に美白になりたいのであれば、1年中紫外線対策を行いましょう。

肌を紫外線から守るには日焼け止めを塗る、帽子や日傘でガードするというケアが有効です。
特に日焼け止めは冬場や曇り、雨の日でも毎日塗る事をおすすめします。
日焼け止めに含まれる有効成分によって、紫外線が肌内部に入り込むのを予防してくれます。
ただし、1年中日焼け止めで紫外線対策を行う場合は、SPFとPAの数値に注意しましょう。

夏場の海に出かけるなど強い紫外線に長時間さらされる場合は、SPF50・PA++++と数値が高い日焼け止めでのケアがおすすめです。
しかし、SPFとPAの数値が高い日焼け止めを毎日使うと、今度は肌への負担となってしまいます。
日常生活の紫外線から肌を守る場合はSPF25から30程度、PA++から+++程度の日焼け止めでも十分効果的です。

関連記事
綺麗になりたいならクレンジングをしっかりしよう 2020年05月09日

「綺麗になりたい」と毎日メイクを欠かさず行っている女性は多いことでしょう。自分に合ったメイク方法を研究しているという人も多いかもしれません。しかし、綺麗になりたいと行っているメイクが肌荒れや黒ずみの原因となっているかもしれません。綺麗になりたい・美肌を手に入れたいと思っているのであれば、行うべきこと...

ヒトプラセンタサプリメントで若返りを取り戻す 2020年04月10日

近年、化粧品やサプリメントの配合成分としてよく見られるプラセンタですが、主に豚や馬の胎盤から作られたものが一般的です。しかし最近注目されているのが人由来の胎盤のヒトプラセンタです。胎盤にはタンパク質やアミノ酸、ビタミンなどが豊富に含まれており滋養に良いとされています。そのためヒトプラセンタは厚生労働...

急激なダイエットをすると胸は小さくなる? 2020年03月13日

多くの女性が取り組むダイエットですが、急激に体重を落とすことで胸までもが小さくなってしまうことがあります。急激なダイエットによるバストダウンにはいくつかの原因があると言われていて、主なものでは極端な食事制限による栄養不足、そこからくる女性ホルモンバランスの乱れ、食べたいのに食べられないストレスからく...

胸の形が崩れる原因について解説 2020年02月17日

10代や20代の頃にはきれいに保たれていた胸の形が、歳と共に崩れてきたことを悩んでいる女性は多くいます。女性の胸の悩みでもっとも多いのがバストサイズですが、それと同じくらい多いのが胸の形に関する悩みです。胸の形は様々なことが原因で簡単に崩れます。現在胸の形で悩んでいる人は自分の胸の形が崩れている原因...

キレイなバストを作るにはマッサージが必要 2020年02月14日

背中にある肩甲骨周辺をほぐすことにより、バストアップ効果を期待することが出来ると言われています。体の前面と背面にある箇所ですので、なぜ肩甲骨がバストアップに効果があるのかと感じる人もいるのでは無いでしょうか。肩甲骨周りは普段の生活では気がつきにくいですが、意外と凝っているものです。血液やリンパの流れ...